自分を知るということは、『強み』と『弱み』を認識することに
なります。

そして、自分の『弱み』を欠点と認識して、それを克服することで
成長しようと考える人が多いと思います。

もちろん、それも大事なことです。

しかし、大人になってから『弱み』を克服することは結構大変な
ことです。

わかってはいるけど、今さら変えられないということが多い
ような気がします。

だとしたら、『強み』を伸ばすことを考えてみましょう。

『強み』を伸ばすことによって、『弱み』を見えなくしてしまおう
というわけです。

あるいは、『弱み』をむしろ自分の個性として捉え直して、それを
生かす方法を考えてみましょう。

そんな時に役立つのがこちらの書籍(日本経済新聞出版社)。

『さあ、才能に目覚めよう』
~あなたの5つの強みを見出し、活かす~
(マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著)

結構有名な本なので、すでにお読みになっている人も多いかも
しれませんね。

この書籍を購入すると、ストレングスファインダーという診断が
無料でできるようになっています。

実は、私もずいぶん前に読んだことはあったのですが、実際に診断
まではしていませんでした。

昨年末に私たちの仲間で診断をやってみたのですが、とても参考に
なりました。

私の診断結果は、次の通りです。

<戦略性>
目的に向かうための選択肢を想定することができる。
独立心に富み、人から認められたいと思っている。

<学習欲>
学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいる。
結果よりも、学習すること自体に意識を見出す。

<達成欲>
並外れたスタミナがあり、旺盛に仕事に取り組む。
自分が多忙で生産的であることに、大きな満足感を得る。

<未来志向>
未来がどのようなものかについて考え、そこからアイデアを得る。
未来についてのビジョンを語ることで、人を高揚させる。

<最上志向>
強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を追及する。
単なる強みを最高レベルのものに変えようとする。

自分としては、かなり納得しています。

結果論ではありますが、今の自分は『強み』を活かしながら仕事を
していると感じています。

大変参考になりますので、この診断(ストレングスファインダー)を
ぜひやってみて下さい。

____________________________________________________________

<本日のワンポイント動画>

社労士のための営業講座 宿題を作る
____________________________________________________________

本日は、宿題を作るということについてお伝えしています。
顧問契約を獲得するためには、信頼関係の構築が必要です。
そのためには、商談の回数を重ねることがポイントになります。
どのように商談の回数を重ねるのかについて、ビデオでご確認
下さい。

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加