顧客開拓にしても、情報発信にしても、ブランディングにしても、
自分に合ったやり方やるのが一番です。

嫌なことや苦手なことではモチベーションが維持できませんので、
それを継続することが難しいからです。

好きなことや得意なことであれば楽しいし、最高のパフォーマンス
を発揮することができるのです。

だから、自分に合ったやり方を見つけなければなりません。

実際に、自分に合わない方法で一生懸命に努力をしているけで、
成果が出ていないという人がたくさんいます。

これは非常に残念で、もったいないことだと思います。
だから、自分にあったやり方を見つけましょう。

しかし、自分のことは自分ではなかなかわからない、というのが
現実です。

では、どうすれば良いのでしょう?

ちなみに、私は自分のことを理解するために、これまでに色々な
診断やツールを活用してきました。

たとえば、以下のようなものです。

・四柱推命
・ホロスコープ
・動物占い
・春夏秋冬理論
・MBTI
・Lumina
・ソーシャルスタイル
・ストレングスファインダー
・魅力アドバンテージ診断テスト

<ある診断による私のタイプ>

・決断力があり、結論に達するのが早く、行動力がある
・ミーティングでは自分の考えや目的を自身たっぷりに伝える
・意志が強く、ものごとを動かす推進力を備えている
・大きな目標を達成するだけの馬力がある
・影響力のあるリーダーシップでパフォーマンスと成果を向上させる
・自分自身にも周囲に対しても高い基準を設定する
・繰り返しの多い単調な仕事では力を発揮できない
・予定や課題を誰かに細かく決められてしまうとやる気を継続できない
・人に任せるよりも自分でやった方がうまく行くと考えがち

自分のことは自分ではわからないので、こうした診断やツールを活用
しながら、自分のことをより深く理解しようと努力してきました。

また、多くの人との関わりの中で、他人との違いを認識しながら
自己理解がより深まるという経験もしてきました。

その結果、今ではかなり自己理解ができていると思っています。

そして、自己のことを理解すればするほど、
自分が提供できる最大の価値は『自分らしさ』である
という結論に達したのです。

だから、嫌いなことや苦手なことはやらずに、好きなこと得意な
ことに集中することにしているのです。

すると、どうなったかと言うと、毎日が楽しいし、仕事においても
より多くの成果を出せるようになったのです。

う~ん、自己理解、恐るべし!

____________________________________________________________

<本日のワンポイント動画>

社労士のための営業講座 自己紹介
____________________________________________________________

 


本日は、営業に活動における自己紹介の重要性について
お伝えしています。どんなに商品やサービスが優れていても、
営業マンのことが気に入らなければ、顧客が商品を購入する
ことはありません。これと同じように、社労士のことが気に
入らなければ顧問契約をしてくれることはありません。
今すぐビデオをチェックして下さい。

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加