コンフォートゾーンから抜け出すためには、自分が身を置く環境
を変えることです。

具体的に言えば、そこに居て居心地が悪いと感じるような場所
に行くことです。

私の話をしましょう。

20年ほど前、私はあるコンサルタントの方の教材を買い続けて
いました。

セミナーに通ったり、メルマガを購読しながら、多くのノウハウを
学ばせていただいていました。

ある意味、アイドルの追っかけみたいな感じでした(笑)。

ある時、その方が10名限定で食事会を開催するとの案内があった
のです。

その参加費は、何と10万円です。

当日の私にとって10万円というのはかなりの大金です。
なので、参加するのを躊躇しました。

しかし、10名限定でその先生と親密な話ができる機会は滅多に
ありません。

さんざん悩んだ結果、思い切って参加してみることにしました。

そして、食事会当日のことです。
私と同じように10万円の参加費を支払った人たちが集まってきました。

その当時ですでにかなりの実績をお持ちの経営者や、今ではベスト
セラー作家になっている実力者などが参加していました。

一方、私はまだまだ成果を出しているとは言えない駆け出しの起業家
です。

当然、みんなの会話について行くことができません。
正直に言えば、かなり居心地が悪い場所でした。

『10万円も支払って何でこんな場所にいるんだろう?』

そんな風に後悔をしたものです。

しかし、今から思えばあの食事会に参加したことが、まさに私が
コンフォートゾーンを抜け出した瞬間だったのかもしれません。

その後、30万円から50万円もする高額セミナーに普通に参加する
ようになり、一番高額なセミナーは500万円ものお金を投じること
もできるようになりました。

高額なセミナーに参加している人というのは、金銭的にも時間的にも
余裕のある人ばかりです。

そういう場所にいる自分が当たり前になる頃には、セルフイメージ
やモチベーションも高まり、考え方や行動もまったく変わるように
なっていました。

環境が変わる → 付き合う人が変わる → 考え方が変わる
→ 行動が変わる → 結果が変わる

これは本当のことだと、自分の経験からも断言できるのです。

____________________________________________________________

<本日のワンポイント動画>

社労士のための営業講座 飛び込み営業
____________________________________________________________

本日は、飛び込み営業のやり方についてお伝えしています。
飛び込み営業は、おそらく皆さんが一番やりたくないと思っている
営業手法だと思います。しかし、飛び込み営業であっても、少し
考え方を変えるだけで、誰にでもできる営業方法になるのです。

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加