このメルマガをご覧の方は、社労士試験に合格されている方が
多いと思います。(そうでない方もいらっしゃると思いますが)

今更こんなことを言うと変な感じに聞こえるかもしれませんが、
社労士試験に合格をしたあなたはすでに成功者です。

だって、試験に合格するという目標を立てて、800~1000時間もの
勉強をして(少ない人でも500時間)、見事に難関試験にパスした
のですから。

趣味やプライベートの時間を犠牲にして、アフター5の飲み会や
友人との付き合いも断り、目標達成に向けてひたむきに努力をし
続けて合格を手に入れたのです。

それができたあなたは、立派な成功者なのです。

しかし、そんな成功者のあなたが社労士で開業して事務所を経営
するという目標に関しては、苦戦しているのはなぜでしょう?

社労士試験合格という目標に対してはあんなに頑張れたあなたが、
顧客開拓や契約獲得という目標に対しては頑張れないということが
私には不思議でならないのです。

もちろん、試験勉強と営業活動は違います。

試験に合格することと、顧問契約を獲得することを同列に考える
ことはできません。

営業経験がない、コミュニケーションが得意ではないという人が
いることも十分に承知しています。

しかし、そんな人は最初から開業なんてしないわけで、あなたが
開業すると決めたからには、それなりの覚悟や勝算があってのこと
だと思うわけです。

社労士試験に合格するほどの能力があり、やる気に満ちて開業を
したにも拘わらず、思ったような成果を出せずに悩んでいる人を
見ると、私は残念でなりません。

繰り返しになりますが、あなたは成功者なのです。

自ら目標を掲げ、やると決めたことは確実に実行して、成果を
出してきました。

もし、あなたが顧客開拓をできないことに理由があるとしたら、
きっとそれは

顧客開拓といっても、何をすれば良いのかわからない

ということではないでしょうか?
反対に、やるべきことさえ見つかれば、あなたはそれをやり続ける
ことができるはずです。

もし、本日のメルマガの内容に何か感じるものがあったのなら、
以下のセミナーにぜひご参加下さい。

==============================

<社労士が新規顧客開拓をするための15種類の営業手法>

日時: 2017年1月21日(土)10:00~15:00
場所: 東京都内の会議室

開業しても顧客開拓がうまく行かない人というのは、そもそも
どのような営業方法があるのかを知らないのだと思います。

今回のセミナーでは、顧客開拓の方法を15種類ご紹介しますので、
あなたでも『これならできそう』と思える方法が見つかります。

社労士試験に合格するような真面目な人は、やるべきことさえ
見つかれば、それをきちんとやり遂げることができるはずです。

これまでにありそうでなかったセミナーですね。

これから開業する人、開業したばかりの人はもちろん、中堅・
ベテランの先生でも参考にしていただける内容だと思います。

なお、セミナー終了後には以下の説明会を開催します。

<2017年助成金ビジネス説明会>

日時: 2017年1月21日(土)15:15~16:45
場所: 東京都内の会議室

今年は助成金ビジネスに特に力を入れて行きます。
そのため、以下の講座を開催する予定です。

・雇用助成金活用アドバイザー養成講座
・雇用助成金活用コンサルタント養成講座
・助成金顧問獲得実践塾
・助成金実務研究会
・生産性要件マスター講座

かなり込み入った講座体系となっていますので、それぞれの講座
について詳しくご説明をさせていただきます。

==============================
15種類の営業手法&2017年助成金ビジネス説明会の
お申込みはこちら

http://www.2step-sr.jp/article/salesmethod15.html
____________________________________________________________

<本日のワンポイント動画>

社労士のための営業講座 契約上の注意点
____________________________________________________________

本日は契約上の注意点についてお伝えします。せっかく顧問契約を
獲得しても、サービス内容を明確にしておかなかったために思わぬ
トラブルに巻き込まれるケースがあります。そうならないためにも
ぜひこちらのビデオをご覧下さい。

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加