当社の営業は一昨日(28日)で終了しました。

しかし、それはあくまでも表向きの営業であって、経営者である
私は31日ギリギリまで仕事をしています。

そして、新年も1月2日より仕事を開始する予定です。

つまり、年末年始といっても休むのは元旦だけ。

この時期は世の中がお休みモードなので、じっくりと仕事に取り
組むことができるため、私にとっては貴重な時間なのです。

新しいビジネスの構想を考えたり
1年の計画を立てたり(事業計画とは別の計画ですよ)
自分自身と向き合って将来(人生)のことを考えてみたり

とまぁ、やるべきことが結構あるわけです。

年末年始なのに、何でそんなに働くのですか?

と聞かれることも多いですが、私の場合は好きでやっているわけで、
人から指図をされて嫌々やっているわけではありません。

言ってみれば仕事=趣味みたいなもので、夢中になれる仕事がある
ということは幸せなことだと思っています。

この1~2年で自分の人生目標みたいなものもはっきりしてきましたし、
ライフワークとして取り組むべきテーマが見つかりました。

そこに向かって、来年からはまた新たな取り組みを始める予定です。

とまぁ、エラそうなことを言っておりますが、年末年始も仕事を
しているのは私だけではありません。

実は、私の周りの経営者たちはみんなこんな感じなのです。

もちろん、家族サービスや親戚やお世話になった人への挨拶なども
重要なことです。

だから、あなたも私たちのようなワーカホリックになる必要は
まったくありません。

ただ、私がお伝えしたいことは、世間が休んでいる間にもビジネスの
ことを真剣に考えている人たちがたくさんいるという事実です。

成功している人とそうでない人は、スキルや能力に大きな違いが
あるわけではないと思います。
それよりも、どれだけ真剣にビジネスのことを考えているかという
ことだけです。

この姿勢やマインドの違いが、ビジネス上の大きな差になっている
と考えています。

年末年始というのは、過去を振り返り、未来のことを考える絶好の
機会です。

ぜひ、有意義に活用していただきたいと思います。

それでは、皆さんよい年をお迎え下さい。
2017年もどうぞよろしくお願い致します。

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加