社労士で開業するための準備で一番重要なことは、目標を立てる
ことだと私は考えています。

目標がなければ『やるべきこと』が決まりませんので、具体的な
行動を起こすこともできないからです。

行動を起こさなければ、結果が出ないのは当然でしょう。

では、開業準備にあたってはどのような目標を立てればよいので
しょうか?

目標とは、

いつまでに、何を、どのレベルまで

を明確にすることです。

だから、多くの人が次のような目標を立ててしまいます。

顧問先を10件獲得する
売上500万円を達成する

もちろん、これは悪い目標ではありません。

しかし、このような目標に何か理由や根拠があるかというと、

ただ何となく

という人が多いようです。

なぜ、顧問先を10件獲得しなければならないのか?
なぜ、売上500万円を達成しなければならいのか?

ここがはっきりしていないと正しい目標とは言えません。

では、正しい目標はどのように立てればよいのでしょう?

そのためには、理想の事務所をイメージすることです。
3年後にはどのような事務所になっていたいですか?

どのような顧客に対して
どのようなサービスを提供していて
事務所のスタッフは何人いて
売上規模はどのレベルなのか?

まずは『あるべき姿』を明確にしてみて下さい。

次に、この『あるべき姿』と現在地とのギャップを
どのように埋めるかを考えましょう。

それがあなたの課題であり、行動指針になります。

そして、その行動指針の1年後の到達地点を目標として
設定するのです。

このような過程を経て、結果として、顧問先10件とか
売上500万円という目標が設定されたのであれば、
それは正しい目標です。

これに対して、たんなる思いつきや勢いだけで立てた
というのであれば、それは正しい目標ではありません。

さて、あなたはどのような目標を立てますか?

ところで、これから開業する人が3年後の事務所を
イメージすることは難しいかもしれません。

そんな方はぜひ、開業準備セミナーにご参加下さい。

開業18年目の私が、あなたが理想の事務所をイメージ
できるようにサポートさせていただきます。

社労士開業準備セミナーへのご参加はこちら
http://www.2step-sr.jp/article/kaigyouzyunbi2016.html

______________________________________________________________

失敗しない社労士開業準備のステップ
______________________________________________________________
<ステップ1> 開業する理由(目的)を明確にする

<ステップ2> 理想の事務所をイメージする

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加