成功するためにやるべきことは、とてもシンプルです。

(1)目標を設定する
(2)行動計画を立てる
(3)計画を実行する
(4)結果を振り返る(改善する)

いわゆるPDCAサイクルですね。
これをただひたすら繰り返すだけです。

いきなり大きな目標を立てる必要はありません。
小さな目標を立てて、それを必ず達成するようにします。

これを繰り返すことによって、

『自分は立てた目標を必ず達成する人間だ』

というセルフイメージができあがります。

なぜなら、セルフイメージの高さ(自信の大きさ)というのは、
思ったことが実現した回数に比例するからです。

ここでのポイントは、”回数”ということです。
”大きさ”ではありません。

だから、まずは小さな目標を立てることが大事です。

目標達成や願望実現ができない人というのは、いきなり大きな
目標を掲げてしまいます。

たとえば、『開業初年度で年収1000万円を稼ぐ』みたいな目標
です。

開業初年度で年収1000万円というのは不可能ではありませんが、
普通のやり方では到底実現することはできません。

このような達成不可能な目標を掲げている人の場合、

心の底では『無理かもしれない・・・』

と諦めている自分がいたりするのです。

そして、やっぱり目標が達成できないと『できない自分』という
セルフイメージができあがってしまいます。

こうした、いわゆる『負け癖』がついてしまうと、そのうちに
目標を立てることさえしなくなってしまうのです。

なぜなら、『どうせ自分には無理』と思ってしまうから。

だから、小さな目標を立てることがポイントになります。

たとえば、『明日の朝は5時に起きる』というという目標を立てて
それを実践してみて下さい。

これなら、『開業初年度に1000万円を稼ぐ』という目標よりも
確実に達成できそうな感じがしませんか?

まずはこんなことから始めてみて下さい。

『小さな目標』は、必ずしも早起きでなくても構いません。
あなたが必ずできそうなことを設定して下さい。

ただし、決めたことは必ず実践して、その目標を達成することです。
それでは、頑張って下さい。

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加