人に頭を下げるのが嫌い。
だったら、頭を下げなくてもよい方法を考えればいいんだ。

当たり前の話なのですが、私にとってこの発想はまさにコロンブス
の卵でした。

私がこのような考えを持てるようになったのは、ある1冊の本との
出会いがあったらからです。

『あなたの会社が90日で儲かる』(神田昌典著、フォレスト出版)

(アマゾンの商品紹介より)
_______________________________________________________________

無駄に時間をかけず、売り上げを飛躍的に伸ばすマーケティング法
とは何か?

それは、マーケティングの従来の常識である「お客様主体の営業」
から、「営業側主体の営業」へ転換することである。

お客様主体の営業とは、商品を見極め、きっと買ってくれるであろう
客に必至で対応することだ。

駄目だったらまた次の客を探し出す。しかしこれではコストがかかる
うえになかなか利益に結びつかない。

一方、営業側主体の営業とは、商品を買う際、客自らが店を探し出し、
買わせてくれと言わせる方法である。

これを、エモーショナル・マーケティングと呼ぶ。

つまり、客のエモーション(感情)を知り、相手の反応を誘発させる
ことによってこの現象を作り出す。

この本を手にとった人は、客をどのように生み出し、利益を生み、
営業効率を飛躍的に上げるかというエモーショナル・マーケティング
の具体的なメカニズムを知ることになる。

一度読めば、いつの間にかその魅力に引き込まれている自分に気づく
だろう。

_______________________________________________________________

営業側主体の営業とは、商品を買う際、客自らが店を探し出し、
『買わせてくれ』と言わせる方法である。

この本を読んだ瞬間、

『おぉ、これだ。これこそが、私が求めていた営業スタイルだ!』

と全身に電気が流れたような衝撃を受けたことを覚えています。

それ以来、私は神田昌典さんの大ファンとなり、ほとんどすべての
教材を買い漁り、セミナーなどにもどんどん参加するようになった
のです。

(最終的には、マインドマップやフォトリーディングといった
ビジネスをご一緒させていただくことになり、その経験によって
今の私があるといっても過言ではありません)

さて、話を戻しましょう。
頭を下げずに顧客開拓をする話です。

顧客に『ぜひ売って欲しい』『買わせてくれ』と言ってもらうには、
次の2つの要素が必要になります。

・絶対的な価値を提供すること
・その価値を多くの人に伝えること

商品やサービスに価値があることはもちろんですが、そもそも商品
やサービスの存在が知られなければ、お願いされることはありません。

そうです。頭を下げずに顧客開拓をするためには、

『商品力』 と 『マーケティング力』

の2つが揃わなければダメなのです。

このことを知った私は、それからマーケティングの世界にどっぷりと
浸かることになります。

私がマーケティング社労士と名乗るようになったのは、このような
背景があったのです。

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加