ダメ営業マンだった頃の私は、自分の商品を売ることばかりを
考えていました。

保険営業マン時代は、どうしたら保険が売れるのか?
社労士で開業した当初は、どうしたら顧問契約が取れるのか?

しかし、このような考えている時には、まったく契約を獲得
することができませんでした。

その原因が、

スパム型、プッシュ型の営業スタイル

だったということです。

相手のことを考えずに、こちらの都合で一方的に商品や
サービスの売込みばかりをしてしまう。

まさにダメ営業マンの典型だったのです。

さらに、私には営業マンとして致命的な欠陥がありました。
それは『人に頭を下げるのが嫌い』ということです。

そのせいで、保険がまったく売れなくなり、最終的には会社を
リストラされてしまったのです。

さいわい、社労士資格を持っていたのですぐに開業をすることが
できましたが、社労士で開業してからも同じ過ちを繰り返して
しまったのです。

このあたりの苦労話はまた別の機会でお伝えしますが、
そんな私でも、今は顧客開拓にはまったく苦労をしていません。

それはいったい、なぜでしょう?

これはまさにコロンブスの卵。逆転の発想だったのです。

私は人に頭を下げるのが嫌い。

だからアポイントが取れない。

結果として契約が取れない。

だとしたら、

どうしたら頭を下げずに人と会えるのか?

を考えれば良いのではないか!

そんなことを考えていた時に、ある1冊の本との出会いがありました。

 

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加