ダメ営業マンのポジショニングは、

スパム型、プッシュ型

だというお話をしました。

一方、私たちが目指すべき姿はその真逆のスタイルです。

飛び込み営業や無差別のテレアポ、強引な紹介依頼ではなく、
お客様からお願いされて面談をする方法です。

このスタイルは

バリュー型、プル型

です。

つまり、顧客から求められるためにはバリュー(価値)を与える
ことができなければならないということです。

このことは、すでにお伝えしましたね。
価値というのは、顧客がめちゃくちゃ欲しがる情報のことです。

ここ非常に重要なポイントですので、もう一度繰り返しますね。

価値というのは、顧客がめちゃくちゃ欲しがる情報

のことです。

いいですか、『顧客が』めちゃくちゃ欲しがる情報ですよ。

残念ながら、これがわかっていない人が非常に多い。

厳しいことを言うようですが、これがわからないと顧客開拓に
一生苦労することになってしまいます。

そう、かつての保険営業マンの頃の私のように・・・。

顧客に会えない営業マンというのは、本当につらいです。
精神的にも経済的にもボロボロになってしまいます。

だって、顧客に会わない限り契約が取れませんから、結局は
収入がなくなってしまうわけですから。

ちょっと暗い話しをしましたが、実はここに大きなチャンスが
あることを私は発見したのです。

それは・・・。

次回に続く(笑)。

 

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加