頭を下げることが嫌いで、保険業界ではダメ営業マンの烙印を
押された私が、社労士業界で成果を出せるようになった理由に
ついてお伝えしようと思います。

結論から言うと、私がうまく行くようになった理由は

頭は絶対に下げない
嫌いな人とは付き合わない
相手からお願いされて営業する

と決めたことです。

嘘のように聞こえるかもしれませんが、これは本当のことです。
相手が「話を聞きたい」「会って欲しい」と言っているわけですから

それじゃ、いつにしますか?

と日時を決めれば良いだけです。

頭を下げることはありませんから、私にとってはストレスフリーです。

それと、私が実践しているもう一つのことは、
本気で興味を持っている人にしか営業はしない
と決めています。

営業をして断られるとやっぱり傷つきますからね(笑)。

でも、本気の人にしか営業をしないのですから、断られるリスクも
非常に少ないわけです。

だから、かなりの高確率で契約が決まります。

こんな感じで仕事をしていますので、顧客開拓はまったく苦に
なりません。

保険営業マン時代にアポ取りで苦しんでいたことが、まるで嘘の
ようです。

これが私の【アポ取り革命】です。

では、なぜこのようなことができるのでしょうか?
そこには、ある秘密が隠されているのです。

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加