保険会社にいた頃の私は、ダメ営業マンでした。

何がダメだったかと言うと、私には営業マンとして致命的な欠陥が
あったのです。

それは、

人に頭を下げることが嫌い

ということです。

『あのぉ~、お忙しいところ誠に申し訳ないのですがぁ~
私と会って保険の話を聞いていただけませんかぁ~』

ということが言えなかったのです。
私の場合、自分で言うのも何ですが、アポイントが取れて面談を
してくれさえすれば、かなりの確率で契約を獲得できる自信は
ありました。

しかし、目の前にお客様を連れてくることができなければ、
つまりアポイントを取ることができなければ、契約を獲得する
ことはできません。

これが私が保険営業マンとして成功できなかった最大の原因です。

つまり、マーケティング(集客)とセールス(販売)の違いが
理解できていなかったのです。

なぜ、こんな話をしているのかと言うと、もしかしたらあなたも
ダメ営業マン時代の私と同じかもしれないからです。

社労士を含めて、資格で開業をしようとする人は、保険営業マン
時代の私と同じように、頭を下げることが嫌いな人が多いのでは
ないかと思っています。

あるいは、営業をしても断られることに恐怖を感じているのかも
しれません。

でも、大丈夫です。
頭を下げなくても顧客と会える方法はあります。
営業をしても断られない方法があるのです。
私はある方法を知ってから、顧客開拓が必要にラクにできるように
なりました。

まったくストレスフリーでアポイントが取れるようになったのです。

次回以降は、そんな私の【アポ取り革命】についてお伝えしようと
思います。

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加