昨日も、保険営業マンに法人アポ取りの話をしておりました。

保険セールスの仕事においては、月額3000円の医療保険も、
月額30万円の法人保険も、やるべき事務量はまったく同じです。

それなのに、コミッション額(収入)は100倍違います。

つまり、まったく同じ仕事をしていながらも、誰を顧客に持つ
かによって、収入が天と地ほど違ってしまうのです。

自分の収入を増やすためには、より高額の保険料を支払って
くれる人を見つける必要があります。

一般には、個人よりも法人の方が保険料は高くなりますので、
法人顧客開拓のノウハウが求められるわけです。

極論すれば、

誰と付き合うかによって人生が変わる

ということです。
こんな話を保険営業マンにしておりますが、これとまったく同じ
ことが社労士の業界でも当てはまります。

社労士の人たちは、顧問先を何件持っているのかを競い合う傾向
にありますが、私は違うと思います。

単価の安い契約をたくさん抱えるよりも、件数は少なくても
高額な報酬を支払ってくれる顧客を厳選して受託すべきです。

たとえば、同じ顧問契約でも10,000円しか払ってくれない会社と
50,000円払ってくれる会社があったとします。

どちらも、ほとんど業務量が変わらないとしたら、当然50,000円を
払ってもらう会社を顧客にしなければなりません。

そうすることで、事務所の生産性が高くなるからです。

あなたの顧問先を、提供しているサービス内容と顧問料を一覧表
にして比較してみて下さい。

顧問料が安すぎると感じるクライアントはありませんか?

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加