セミナー集客で悩んでいる人に朗報です。
お金をかけずにセミナー営業をする方法をご紹介しましょう。

それが投網式セミナー営業です。

これを魚釣りに例えれば、1匹ずつ吊り上げるのではなく、
投網を投げて一網打尽にするという意味ですね(笑)。

つまり、魚(経営者)がたくさん集まっている所で投網を投げる
(セミナーを開催する)のです。

では、経営者がたくさん集まっている場所はどこか?

それは、経営者の会合です。(当たり前か)

さて、私の事例をお話しましょう。

先日、ある会社(長崎県)の役員報酬最適化コンサルが完了しました。

役員4名の会社なのでかなりの効果が得られ、私も200万円ほどの報酬を
いただきました。

その会社の専務がこの手法を大変気に入っていただき、突然このような
相談を持ちかけてきたのです。

『この話を私が所属している団体で話してもらえませんか?』

実はこの専務、ある業界団体の青年部の会長をしているのです。
そこで、このようなセミナー依頼があったわけです。

話を聞いてみると、その団体のメンバーはすべて優良企業の経営者
ばかりだと言うのです。

もちろん、私は2つ返事で講師を引き受けました。

おそらく来年になると思いますが、優良企業の経営者が集まる場で
セミナー営業が実現することになるでしょう。

でも、よく考えてみて下さい。

これって私は一切売込みをすることなく、あちらから依頼をされた
だけですよね。

役員報酬最適化コンサルの仕事をしていると、こんなことが本当に
よくあるのです。

もちろん、私の方から経営者に対してに意図的にセミナーを仕掛ける
こともあります。

『社長の所属している団体でお話をさせていただけませんか?』

不思議なことに、このようなお願いをしてもまったく嫌がられることは
ないのです。

むしろ、歓迎をされるほどです。

しかも、このようなアナログ型のセミナー営業は、所属している団体
への信頼がありますので、セミナー開催後の成約率も非常に高いのです。

しかも、しかもですよ。

セミナーの集客費用は0円です。
会場費も一切必要ありません。

場合によっては、懇親会にお呼ばれしてご馳走になることもあります。

これだから投網式セミナー営業はやめられません。

経営者団体でセミナーが開催できるのは、このネタがあるからです。

役員報酬最適化コンサルタント養成講座 ザ・ファイナル
http://seminar.zenshuren.net/yakuin161024.html

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加