昨日は、

シニア経営者は実は年金にメチャクチャ興味がある

というお話をしました。

これは経営者がお金に困っているからではありません。
つまり、収入の問題ではないということです。

私には年収3000万円とか5000万円のクライアントさんもいますが、
年金に興味があることに関しては皆さん共通です。

実際、ある経営者(年収3000万円)はこんな話をしていました。

『俺も年金というものを一度もらってみたい』

これが経営者の本音です。

だって考えてもみて下さいよ。
彼らがいったいどの位の保険料を納めてきたと思います?

たとえば、40歳から65歳までの25年間に支払った厚生年金保険料の
総額は

56,364円×12ヶ月×25年間= 16,909,200円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にもなるのです。
(厚生年金保険料は平成28年10月時点の料率で計算しています)

しかも、これは経営者が個人として負担してきた金額です。
会社もこれと同額の保険料を支払っています。

中小企業の場合は、会社のお金も社長のお金のような感じです
から、社長の頭の中では3000万円以上の負担をしてきたような
感覚になっています。

それなのに、役員報酬が高額だという理由だけで、年金が
支給停止されてしまうのです。

それだけではありません。

経営者は死ぬまで経営者であることも多いですから、
そうすると

中小企業の経営者は一生年金がもらえない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

可能性が非常に高いのです。

この話を知った経営者は、私に対してこんな言葉を投げかけ
ました。

『こんなの詐欺みたいなもんだな!』

これが経営者の年金に対する本音なのです。

そこで、役員報酬最適化コンサルティングの登場です。

このような経営者に対して、私たちは、

年収をまったく変えることなく、報酬の支払い方を変える
だけで、年金が受け取ることができる

ということをお伝えしています。

この話を聞いたときの経営者の反応については、
役員報酬最適化コンサルタント養成講座で
お伝えしております。

 

===============================

萩原京二オフィシャルメルマガへの登録はこちら

http://www.kyojihagiwara.biz/

===============================

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加