■────────────────────────────■
他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
著者のメルマガ             発行2016.10.7
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

明日から3連休という人も多いでしょう。
体育の日ですから、スポーツにレジャーに皆さん楽しんで下さい。

私の3連休は、パートナー社労士の皆さんに労働契約エージェント
関連の講座を開催しています。

研修講師というのは、1日中立ちっ放しですから、結構いい運動に
なりますよ(笑)。

さて、いよいよこちらの説明会の受付終了が迫ってきました。

役員報酬最適化コンサルタント養成講座 最後の説明会
http://www.2step-sr.jp/article/yakuinfinal2016setumeikai.html

説明会にご参加をいただいた方だけの特典がありますので、
お時間がある方はぜひご参加をお待ちしております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
たとえば、で対象を具体化する
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

またまた私が開業した当初の話しです。

当時は労働時間短縮の助成金(時短奨励金)というものが
ありました。

これは、いわゆる特例事業所(当時は法定労働時間が週48時間)が
社員を採用するか省力化の設備を導入することで、週の所定労働
時間を44時間以下にした場合に、50万円の助成金を支給するという
ものでした。

受給するための要件もそれほど厳しくなく、また将来的には
特例事業所の法定労働時間が44時間になることが決まっていました
ので、お客様には非常に提案しやすい助成金でした。

また、事業所単位で受給できるので、複数店舗を経営している
美容室や飲食店であれば、かなりの金額が受給できました。

しかも、私たち社労士に労働時間短縮の相談をした場合には、
コンサルタント委託費(10万円)が別途支給されるという
ありがたい助成金だったのです。

ある日、私は知り合いの税理士にこの助成金の案内をしていました。

ひと通りの説明をしてその税理士の顔色を伺ってみると、あまり
ピンときていない感じでした。

そこで、私は次のような話しをしてみたのです。

『この助成金が活用できるのは、たとえば美容室とか飲食店、
小さなクリニックや歯医者さんです』

そうしたら、その税理士の顔つきがまったく変わったのです。

『歯科医師を専門にコンサルをしている知り合いがいるので
紹介しましょうか?』

そして、そのコンサルタントを紹介をしていただいて、50件以上の
助成金のご紹介をいただいたのです。

ちなみに、歯医者さんの治療台(ユニットというらしいです)は
だいたい150~200万円前後で、助成金の要件である省力化の設備
投資にピッタリとマッチしていたのです。

だから、このプロジェクトはトントン拍子に話しが進んだのです。

さて、今回の話しの教訓です。

紹介は具体的にお願いしないと出ない。
そのためには、相手がイメージできるような話し方をする。

→ 次号に続く

<編集後記>

自宅のパソコンの問題が解決しました。

私のパソコンのハードディスクは1テラの容量があるのですが、
残りが50ギガほどになっていました。

そこで、ほとんどのファイル(データ)を外付けのハード
ディスクに移したのですが、容量はあまり増えません。

残り容量が少ないため、パソコンの処理が非常に時間がかかる
ようになってしまいました。

これは何とかしなければならないと思い色々と調べた結果、
隠しフォルダにキャッシュファイルが山のように残っていた
のです。

私はAdobe社のPremierProというソフトで動画編集を行って
いるのですが、どうやらそのソフトで作業をした残骸だった
みたいです。

その容量は何と800ギガ!

これらのキャッシュファイルをすべて削除したら、約900ギガの
容量が使えるようになりました。

これで動画の編集作業が安心して行えそうです。

 

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加