■────────────────────────────■
他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
著者のメルマガ             発行2016.10.5
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

昨日は長崎に出張しておりましたが、何とか台風をすり抜けて
東京に戻ることができました。

本日はこれから中央職業能力開発協会様が主催する

『職業能力評価セミナー』

に参加してきます。

このところ行政が提供してくれるコンテンツには、目を見張る
ものがありますので、色々と勉強をさせていただいております。

こんな素晴らしいノウハウが無料で手に入るなんて・・・。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
紹介は身近なところにある
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

これまで、紹介営業の3原則のうち以下の2つをお伝えしました。

★紹介はお願いしないと出ない

★紹介は具体的にお願いする

何だか難しそうな感じがしているかもしれませんが、
決してそんなことはありません。

私の開業当初のエピソードをご披露しましょう。
今から18年ほど前のことです。

そう、私が社労士として開業したばかりの頃の話です。
ある日、私は美容室で髪を切っていました。

いつものように美容師さんと世間話をしていたのですが、
私の頭の中でふと次のようなアイデアがひらめいたのです。

美容師さんっていうのは、独立するために仕事をしている
のではないか?

なぜ、このようなアイデアが沸いてきたのかというと、
その頃の私は助成金の仕事を中心にしていたからです。

その当時は、創業して社員を雇った場合には、その社員の
給与の半分を支給してもらえるという助成金があったのです。
『もしかしたら、独立した美容師さんにこの助成金が
使えるかもしれない』

そんな風に考えたのです。

そこで、私は美容師さんに次のような質問をしてみました。

『美容師さんって、独立する人もいるんですよね?』

この質問をしたところ、私のビジネスは急展開をすることに
なったのです。

→ 次号に続く

<編集後記>

予想に反して(?)こちらの講座の反応がイマイチです(涙)。

労働契約エージェント養成講座
http://www.2step-sr.jp/article/JCA2016trial.html

内容的に少しわかり難かったようですので、近日中に説明ビデオ
を収録しようと思っています。

個人的にはかなり盛り上がっているんですけどね・・・。

 

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加