■────────────────────────────■
他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
著者のメルマガ           発行2016.10.4
■────────────────────────────■
こんにちは、萩原です。

本日は、これから長崎に日帰り出張です。
何をしに行くのかというと、もちろん仕事です。

ある会社の役員報酬最適化コンサルティングを行っています。
この会社は役員が4名で、うち2名がシニア役員なので、

年間約900万円の経費削減効果があります。
私がいただくコンサル報酬も200万円近くになります。

だから、わざわざ長崎まで行くのです。

今回で3回目の訪問になりますが、今月中にあと1回訪問して
コンサルが終了する予定になっています。

トータル4回の訪問(滞在時間は毎回1時間程度)で200万円の
報酬ですから、時給50万円ですね(笑)。

もちろん、こんな大きな契約ばかりではありませんが、役員報酬
最適化コンサルティングは平均して40~50万円位の契約が獲得
できます。

それだけではありません。

このサービスを提供すると、お客様に非常に喜んでいただき、
顧問契約などのリピート契約につながる確率が非常に高くなって
います。

また、こちらが頼まなくても紹介をしてもらうことも多いです。

ずっと紹介営業のやり方についてのお話をしていますが、最強の
紹介営業というのは、こちらが頼まなくても紹介をしてもらえる
ことかもしれません。

しつこいようですが、役員報酬最適化コンサルティングのノウハウ
をお伝えする講座は、これが最後となります。

昨日、東京での説明会が終了しましたが、大阪の説明会はまだ
お申込みをいただくことができます。

説明会にご参加いただいた方には、”特別なご提案”をさせて
いただいております。

まずは、無料説明会にご参加下さい。

役員報酬最適化コンサルタント養成講座の説明会
http://www.2step-sr.jp/article/yakuinfinal2016setumeikai.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
紹介は具体的にお願いする
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

紹介営業の3原則その1は、

紹介はお願いしないと出ない

というものでした。

社労士で開業すれば顧客が向こうからやってきてくれる、あるいは
黙っていても知り合いが顧客を紹介してくれると思っている人が
いるとしたら、それは大きな間違いです。

こちらから顧客を積極的に見つけに行かないと契約を獲得する
ことはできません。

紹介というのは、お願いしないと出ないものです。

しかし、だだお願いするだけではダメです。
紹介は具体的にお願いするのが鉄則です。

どこかいい会社ありませんか?

とお願いしても、お願いされた方も困ってしまいます。

誰を紹介すれば良いのかイメージができないからです。

そのような曖昧なお願いをするよりも、

60歳以上の経営者を紹介して下さい。
飲食店を経営している人を知りませんか?

とお願いした方が紹介をしてもらいやすくなります。

なぜなら、相手が誰を紹介すれば良いのか具体的にイメージが
できるからです。

つまり、顧客対象(ターゲット)を明確にするということです。
具体的なお願いをすれば、具体的な結果が出るものです。

本日も頑張って行きましょう!

<編集後記>

こちらのページはご覧いただきましたでしょうか?
労働契約エージェント養成講座
http://www.2step-sr.jp/article/JCA2016trial.html

詳細につきましては、昨日のメルマガをご覧下さい。

こちらのサイトで過去のメルマガが読めるようになりました。

萩原京二オフィシャルサイト
http://www.kyojihagiwara.biz/
これって便利ですね(笑)。

 

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加