■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.9.6
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

昨日からスタートした社内検定プランナー養成講座(上級コース)
がヤバイです。

日本で唯一の検定導入コンサルティング会社である(株)ルート
さんから、極秘のノウハウが惜しげもなく公開されています。

終了後の懇親会も大いに盛り上がりました!

本日は2日目(最終日)ですが、講座を修了された方には認定証が
授与されることになっています。

本日も頑張って行きましょう!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 顧客開拓に苦労をしなくなってわかったこと

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日のメルマガで、見込客には3段階あることをお伝えしました。

 サスペクト → プロスペクト → 見込客

当たり前のことですが、契約を獲得するためには見込客の数を
増やすことがポイントです。

このことは、以下の方程式からもわかるでしょう。

 契約 = 見込客の数 × 成約率

契約数を増やすためには、見込客の数を増やす、成約率を上げる
のどちらかしかありません。

成約率を上げることも重要なのですが、開業当初は見込客の数を
増やすことの方がより重要です。

なぜなら、「量が質を高める」からです。

商談の数が増えれば、セールストークなども洗練されてきます
ので、成約率は自動的に高くなっていきます。

ですから、見込客の数を増やすことが優先です。

しかし、多くの人はこの見込客を増やすことが苦手です。
何を隠そう、私もこれが苦手でした。

それは、私がこの見込客の3段階について正しく理解をして
いなかったからです。

もちろん、「サスペクト」や「プロスペクト」という言葉は
知っていました。

入社時に研修で教わりましたから。

しかし、本当の意味でこの概念を理解できるようになったのは、
つい最近のことです。

そして、この概念が理解できるようになった頃には、私は顧客
開拓ではまったく苦労をしなくなっていました。

皮肉なものですね(笑)。

ですから、もしあなたが顧客開拓に苦労をしているのであれば、
「サスペクト」と「プロスペクト」という考え方をしっかりと
理解することをおススメしたいのです。

<編集後記>

明日は「給与計算革命」の説明会です。
こちらのプロジェクトもなかなかのもんですよ(笑)。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加