■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.9.23
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

こちらのビデオはご覧になりましたでしょうか?

 萩原からの重大発表
 http://www.2step-sr.jp/article/yakuinfinal2016setumeikai.html

 この4年半で1000社以上への導実績。
 私たちのチームで稼いだ報酬は5億円。

このノウハウを使って、みんなで新しい市場を開拓してきました。
そして、多くの成功者を輩出してきました。

しかし、このノウハウを伝授するのも今回で最後になります。
この機会を逃すと、2度と手に入れることができなくなってしまいます。

ですから、このチャンスを逃さないでいただくたいのです。

そうは言っても、この手法に関してまだ半信半疑の人もいるでしょう。
検討するにあたって、疑問や質問があるという人もいるかと思います。

そこで今回は説明会を開催させていただくことにしました。
どんなことでも結構ですから、私に直接質問をして下さい。

 説明会に参加する
 http://www.2step-sr.jp/article/yakuinfinal2016setumeikai.html

説明会は東京と大阪で3回ずつ開催します。
参加を悩んでいるのであれば、説明会に参加した方が早いですよ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 紹介してもらえる人の条件とは?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

顧客開拓をするために、人脈のXYZ理論についてお話しています。

いきなり見込客の紹介をお願いするのはハードルが高いので、
まずは自分の仕事内容をわかりやすく説明できるようになる、
ということをお伝えしました。

社労士にとって当たり前のワードであっても、一般の人からすれば
専門用語に聞こえる用語もあります。

 所定労働時間、判例・通達、36協定、算定、月額変更、年度更新、
 資格取得、資格喪失、離職票、

これらのワードは十分に専門用語です。

一般の方に話をする場合には、『小学生でもわかるレベル』を
心がけて下さい。

さて、自分の仕事をわかりやすく伝えることができたら、次の段階
ではあなたのことを紹介してもらうためにはどうすれば良いかを
考えてみましょう。

誰かを人に紹介する場合、どういう人であれば紹介をしたくなる
でしょうか?

もちろん、頑張っているあなたのことを見て、協力してあげよう
と思う人もいるでしょう。

親しい友人・知人であれば、当然のことだと思います。

しかし、XYZ理論の『Xさん』はたんなる顔見知りの場合も
あります。

そうした人たちは、常にあなたのことを考えているわけではあり
ませんから、紹介をしてもらうためには強い動機づけが必要です。

この場合の動機づけは、その人にとってのメリットです。

一番わかりやすいのは、紹介をしてくれたらお礼をすることです。

食事をご馳走したり、商品券(または現金)をもらえるのであれば、
喜んで紹介してくれるという人が多いと思います。

しかし、それではあまりにも芸がありません。

 お金の切れ目が縁の切れ目

なんていうドライな人間関係になってしまうこともあり得ます。

では、どのようにしたら紹介をしてもらえるのでしょうか?

<編集後記>

本日から日曜日まで大阪です。

本日は終日、奥野先生の『Youtube集客講座(実践編)』です。
土日は、『給与計算革命講座』を開催します。

そして、月曜日、火曜日は名古屋で『職務評価コンサルタント』
の研修です。

講師になったり生徒になったり忙しいですね(笑)。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加