■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.9.22
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

いよいよ本日で受付終了となります。

 新人社労士でもカンタンに月額5万円の顧問契約を獲得する方法
 http://www.2step-sr.jp/article/PR2016payrole6.html

講座は今週土曜日、日曜日に大阪で開催し、来週の土曜日、日曜日
には東京で開催します。

社労士にとっては古くて新しいテーマである給与計算。

個人的には、これからの社労士は給与計算ができなければ生き残る
ことはできない、と思っています。

もちろん、私が言っている給与計算とは、これまでのように

 たんなる給与明細書の発行業務

ではありません。

人事データ、勤怠データ、給与データといった会社にとって重要な
データの塊を預かり、それを分析することで問題点を洗い出し、
その解決策まで提供する新しいサービスを目指しています。

給与データを分析・加工することで、残業時間、平均勤続年数、
離職率、有給休暇取得率、管理職比率といった指標を把握すること
ができるようになります。

あるいは、それぞれの指標の男女比率などの比較もできます。

こうしたデータの公開は、若者雇用促進法や女性活躍推進法でも
求められているところです。

『働き方改革』が叫ばれておりますので、、こうした給与データの
活用コンサルティングという仕事がクローズアップされることは
間違いありません。

私はこうしたサービスを

 『給与計算3.0』

と位置づけて、これからの社労士の中核業務へと育てたいと考えて
おります。

しかし、そこにたどり着くまでには大きな問題があります。
それは、多くの社労士が給与計算業務を敬遠していることです。

社労士が給与計算業務をやりかたがらない理由はいくつかあります。
たとえば、以下のようなことです。

 ・時間に追われてしまう
 ・間違えると文句を言われる
 ・1人の事務所では対応が難しい
 ・知識不足、経験不足なので不安
 ・契約を取るのが難しい
 ・顧客のミスでもやり直さないといけない

このような問題点を解決し、新人社労士でもカンタンに給与計算の
契約を獲得できるような方法はないだろうか? と。

そこで、考え出したのが今回のノウハウです。

 新人社労士でもカンタンに月額5万円の顧問契約を獲得する方法
 http://www.2step-sr.jp/article/PR2016payrole6.html

この方法であれば、給与計算初心者の新人社労士であっても、
確実に月額5万円以上の顧問契約が獲得できるはずです。

しかも、今回の講座には

 契約獲得保証(契約を獲得するまでサポートをする約束)

までつけているのです。

もし、あなたが単価の安い顧問契約に振り回されて、売上や
手取収入が伸び悩む

 社労士開業3年目の憂鬱

になっているのであれば、ぜひ私の講座に参加して下さい。

この講座はたんに給与計算実務をお伝えする講座ではありません。

給与計算をビジネスとして取り組むための

 ・マインドセット
 ・給与計算の核となる業務と7つの周辺業務
 ・給与計算の提案方法と契約の獲得方法
 ・給与計算の実務ノウハウ

のすべてをご提供する講座です。

つまり、あなたに新しいビジネスモデルそのものをご提供する
講座なのです。

そのために、2日間の集中講座と6か月間のフォローアップ講座で
徹底的にサポートをさせていただきます。

月額5万円以上の高額顧問契約を獲得したい方は、ぜひご参加を
お待ちしております。

 給与計算パーフェクトマスター講座のお申込みはこちら
 http://www.2step-sr.jp/article/PR2016payrole6.html

あなたと講座でお会いできることを楽しみにしております。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加