■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.9.20
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。3連休はいかがでしたか?

本日から『さぁ仕事だ!』と思っても、また木曜日に祝日が
やってきますね。

金曜日を休めば、また4連休だったりします(笑)。

こんな時は、

 『ようし、来週から頑張るぞ!』

みたいな気持ちになるかもしれませんが、それはダメです。

今日から頑張りましょうね。

さて、以下のプロジェクトですが、いよいよ本日ですべての特典が
消滅してしまいます。

 【給与計算革命】給与計算パーフェクトマスター講座
  http://www.2step-sr.jp/article/PR2016payrole6.html

最後に残された特典はこちら。

 ◆はじめての給与計算講座ビデオ(98,000円相当)

特典の中でも一番値段が高いやつです。
職員の方の教育用にも最適な教材となっています。

だから、この特典だけでもゲットしていただきたいのです。

それと、昨日重要なご案内をさせていただきました。

 萩原からの重要なご案内
 http://www.2step-sr.jp/article/yakuinfinal2016setumeikai.html

こちらのビデオは絶対にご覧になっておいて下さいね。
これが本当に最後のチャンスですから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 相手のメリットを伝える

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

人脈のXYZ理論を活用するためには、自分の仕事をわかりやすく
伝える必要があります。

そのためには、相手の頭の中にないワードを使ってはいけません。

また、『わかりやい=自分に関係がある』とも言えますので、
そのワードに興味関心を持つ人がいることもポイントです。

しかし、興味関心を持つワードであっても、そのことを知られたく
ないという場合もあります。

たとえば、『労働トラブル』や『解雇』です。

こうしたワードは、いわゆるコンプレックス系と言われる言葉です。
つまり、あまり人に知られたくない悩みということ。

だから、異業種交流会などで自己紹介をしてもあまり反応はよく
ありません。

むしろ、こうした悩みはネットで検索しますので、ホームページ
で集客する方が良いでしょう。

悩みが深く、緊急性が高いものであれば、ホームページからでも
問い合せがあるかもしれません。

さらに、その人だけでなく紹介をしてもらうことまで考えるので
あれば、『サービスを受ける人のメリット』をしっかりと伝える
ことが重要です。

たとえば、就業規則の作成を行うのであれば、

 『中小企業の経営者の中には、社員の採用や定着で悩んで
  いる方がたくさんいらっしゃいます。
  私はそうした方々の悩みを解決するために、就業規則作成
  支援サービスをご提供しています。
  社内のルールを明確にすることで離職率が改善され、
  優秀な社員も採用できるようになります。安心して働ける
  職場環境が整備されることで、社員のモチベーションも
  あがり、業績アップにもつながります』

みたいな感じでしょうか?

ここでのポイントは、

 『離職率の改善』
 『優秀な社員の採用』
 『社員のモチベーションアップ』
 『会社の業績アップ』

といった相手のメリットになるようなキーワードです。

こうした悩みや問題が解決するのであれば、あなたの話を
聞いてみたいと思うはずです。

私たちにとって就業規則は大事な飯のタネですが、相手にとって
の就業規則は悩みを解決するための『手段』であって、『目的』
ではありませんからね。

<編集後記>

3連休中は研修レポートの作成や講座の開催、溜まっていた
ビデオの編集作業などで大忙しでした。

2日間の講座を2本編集(合計約15時間)したのですが、
さすがにパソコンが悲鳴をあげたようです。

編集作業は思いのほかパソコンに負荷がかかるのです。

突然シャットダウンすることが何度かありましたので、
冷や汗ものでした。

そろそろパソコンを買い替えた方がよいかもしれません。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加