■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.9.16
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

179,000円相当の特典がゲットできるのは、本日までとなります。

 【給与計算革命】給与計算パーフェクトマスター講座
  http://www.2step-sr.jp/article/PR2016payrole6.html

高額顧問契約獲得のポイントは、給与計算にあります。

しかも、私たちが提供しているのはただの給与計算サービスでは
ありません。

給与計算を実質無料で提供しているのです。

実質無料で給与計算をアウトソーシングできるとしたら、
自分の会社で給与計算をしようと思う会社はないはずです。

これは、断られることがない究極のオファーです。

あなたも私たちの仲間になりませんか?

 【給与計算革命】給与計算パーフェクトマスター講座
  http://www.2step-sr.jp/article/PR2016payrole6.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 相手の頭の中にあるワードを使う

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

人脈を活用するための第一歩は、自分の仕事をわかりやすく
伝えることです。

いきなり紹介をお願いをするのは少しハードルが高いという人
であっても、自己紹介はきちんとできないといけません。

自己紹介がきちんとできれば、相手が興味を持ってくれれば
その場で商談に発展することもあります。

あるいは、こちらからお願いをしなくても紹介をしてくれる
なんてこともあるかもしれません。

では、『自分の仕事をわかりやすく伝える』というのは、
どういうことなのでしょうか?

昨日の事例で考えてみましょう。

 『私は労働・社会保険関係の手続業務をしています』

この説明方法のどこがNGかわかりますか?

あるいは、

 『解雇や労働トラブルのことならお任下さい』

というのはどうでしょう?

もしかしたら、あなもこんな風に説明しているのでは
ないでしょうか?

ポイントはいくつかあるのですが、まずは

 『労働・社会保険関係の手続業務』
 『解雇や労働トラブル』

といったワードの問題です。

私たちにとっては当たり前のワードかもしれませんが、一般の人
にとってはこれでも十分に専門用語なのです。

もちろん、これらのワードが意味することは何となく理解をして
もらえるとは思いますが、こうした言葉を使った時点でアウトだと
思って下さい。

なぜなら、こうしたワードは相手の頭の中には日常的には存在しない
単語だからです。

『労働・社会保険関係』というワードを聞いた瞬間、一般の人は

 『このワードは自分とは関係ない』

と判断して一瞬に思考停止状態になってしまいます。

自分とは関係ないと判断された時点で、ビジネスの話には発展する
可能性は極めて低くなってしまいます。

よく第一印象が大事だと言われますが、まさにその通りですね。

<編集後記>

明日から3連休という人も多いと思いますが、台風の動きが少し気に
なりますね。

このところ、毎週のように台風がやってきて、各地に大きな被害を
与えていますから。

台湾や中国では大変なことになっているみたいですね。

ところで、連休明けの火曜日に私から重大な発表をさせていただく
予定になっています。

個人的にはかなり大きな決断をしたつもりですので、発表内容に
ぜひ驚いていただきたいと思います。

そして、私からのオファーを真面目に受け止めて下さい。
(この3連休は、重大発表をするための準備期間です)

それでは、皆さんよい連休を!

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加