■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.8.28
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

日曜日なのに臨時号の配信です。
いよいよ、本日で受付終了となります。

日本で唯一、助成金顧問獲得ノウハウを学べるのがこちらの講座。

 助成金顧問獲得実践塾(第2期生)
 http://www.joseikin-adviser.com/komonkakutoku201610.html

==============================
 助成金は獲得することよりも、情報提供そのものに価値がある。
==============================

こんな新しいコンセプトを打ち出して活動しているのが、
私たち【助成金受給環境整備アドバイザー協会】です。

助成金受給環境整備アドバイザー協会では、従来のスポット型、
完全成功報酬型の助成金ビジネスから脱却するために、新しい
モデルを開発しています。

これまでの活動を通じて

 第1ステップとして、顧問契約型
 第2ステップとして、コンサルティング型
 第3ステップとして、ジョイントベンチャー型

このような方向性が完全に見えてきました。

そして、こうしたビジネスモデルの根底にある考え方が、

 顧客は助成金そのものが欲しいわけではない。
 顧客が求めているのは、助成金のその先にあるものである。

というものです。

”その先にあるもの” というのは、

 顧客が抱える悩みや問題の解決であり、
 顧客が描いている夢や希望の実現です。

==============================
 助成金屋さんではなく、ビジネスパートナーになろう!
==============================

ですから、助成金顧問というのはたんに助成金だけを持ってくる

 助成金屋さん = セールスマン

ではありません。

顧客と同じ方向を向いて、顧客と一緒に悩んだり、喜んだりする

 ビジネスパートナー = アドバイザー

としてのポジションを取らなければなりません。

そのためには、

 ★顧客とどのように出会い

 ★初対面でどのような話をして

 ★初回の商談でどのように振る舞い

 ★どのように助成金顧問サービスを提案し

 ★どのように助成金顧問サービスの契約をし、

 ★契約後にどのようなサービスを提供するのか?

といったノウハウやツールが必要になります。

しかし、こうしたものを提供してくれる場所はどこにもありません。
(当協会が開発したモデルですから当たり前ですね)

そこで、この講座です。
日本で唯一、助成金顧問獲得ノウハウを学べる講座です。

 助成金顧問獲得実践塾(第2期生)
 http://www.joseikin-adviser.com/komonkakutoku201610.html

私たちが提唱している助成金顧問サービスは、月額3万円の
顧問契約です。

助成金顧問の契約を20件獲得すれば、月額60万円の安定収入が
確定します。

手続業務や就業規則などのスポット契約と合わせれば、年商
1000万円は確実に稼げることになります。

では、助成金顧問契約の獲得は難しいでしょうか?

残念ながら、今のままのマインドで助成金ビジネスをやり
続けている限り、このようなスタイルでの展開は難しいと
言わざるを得ません。

しかし、助成金顧問獲得実践塾にご参加いただき、正しい
マインドセットとノウハウ、ツールを手に入れていただければ、
誰にでもカンタンに助成金顧問が獲得できます。

第2期生の募集は、本日で終了します。

 助成金顧問獲得実践塾(第2期生)
 http://www.joseikin-adviser.com/komonkakutoku201610.html

あなたの勇気ある決断をお待ちしております。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加