■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.8.12
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

昨日ご案内をしました、

 助成金顧問獲得実践塾(第2期生) 募集開始
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ですが、早速3名の方よりお申込みをいただきました。

少人数限定で行う講座ですから、できるだけ早くご決断を
お願いしますね。

まずは、こちらのビデオをご覧下さい。

 8月8日(月)に開催した説明会のビデオです。
 http://www.joseikin-adviser.com/komonkakutoku201610.html

このビデオでは、以下のようなお話をしております。

 ★助成金環境整備アドバイザー協会のご紹介
 ★平成28年度の助成金ビジネス戦略
 ★実践塾(第2期)のご案内
 ★参加者10大特典
 ★スペシャル特典
 ★第1期受講生からの推薦メッセージ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ザイオンス効果を使う

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

前回のメルマガでは、初回面談でわざと宿題を作り、次回の面談
のアポイントを取るという話をしました。

 わざと宿題を作る

という行為を不思議に思った方もいらっしゃるかもしれません。

 何でそんなムダなことをするの?

と違和感を覚えた方もいるでしょう。

しかし、これが非常に重要なことなのです。

商談の初期段階においては、相手との信頼関係を構築することが
とても大事なことです。

信頼関係がないと、

 『何であなたにそんな話をしなければならないの?』

ということになり、現状のヒアリングをすることもできません。

十分なヒアリングができなければ、相手の抱えている問題や悩みを
聞き出すことができず、解決策の提案をすることもできません。

だから、信頼関係を築くことが重要なのです。

初対面の相手と信頼関係を深めるためには、

 ザイオンス効果

を活用するのが効果的です。

ザイオンス効果とは、心理学の用語で

 繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果

のことです。

 
 単純接触効果とも言います。

ビジネスの場においては、面談回数を意図的に増やすことで
相手との距離を近づけることにより、ザイオンス効果を活用
することができます。

だから、初回面談ではわざと宿題を作り、それを持ち帰って
次回のアポイントにつなげるのです。

 あなたは見込客からの宿題をもらっていますか?

<編集後記>

明日(土曜日)から来週火曜日まで大阪に出張です。
世間はお盆休みかもしれませんが・・・。

11月までは新しいビジネスの立ち上げやイベントが目白押しで、
本当に休む暇もありません。

今年の夏もあっという間に終わってしまう感じです。

少しゆっくりできる頃には、雪が降っているかもしれません。

でも、忙しい自分も嫌いではありません(笑)。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加