■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.7.28
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

助成金顧問獲得実践塾の第2期生を募集します。

 ★2日間の集中講座+6か月間のフォローアップミーティング 
 ★助成金顧問契約を獲得するためのノウハウ提供
 ★セミナーレジュメ、提案書、契約書などの営業ツール提供
 ★助成金受給環境整備アドバイザー協会のプレミアム会員の権利
 ★教育体系デザイナー養成講座のビデオ受講
 ★会員限定特別セミナーへの参加権
 ★新規プロジェクトへの参加権

などなど、スペシャルなオファーが盛りだくさんです。

第2期生の募集に先立ち、8月8日(月)に説明会を開催することに
なりました。

詳細につきましては、近日中にご案内をさせていただきます。

なお、その日はこちらの講座を開催しています。
説明会と併せてご参加いただければ幸いです。

 研修・賃金コンサル提案のための『使える助成金活用講座』
 http://www.joseikin-adviser.com/kouza20160808.html

ということで、説明会は講座終了後のPM5:30~7:00で開催します。

説明会では、第1期の成果報告などもさせてさせていただきますので、
どうぞ楽しみにして下さい。

 脱・スポット契約
 脱・成功報酬 

これが私たちのコンセプトです。
第2期はさらにバージョンアップした内容をご提供できる予定です。

もちろん、これまで助成金ビジネスに取り組んだことがない
新人社労士の方も歓迎します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 アポイントが取れたらやるべきこと

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

開業当初は契約件数を追いかけるのではなく、アポイント数を
追いかけなければなりません。

それは、契約件数というのは面談(アポイント)の回数に比例
するからです。

面談をたくさんしなければ、契約件数が増えることはありません。

だから、”魔法のフレーズ”を使ってどんどんアポイントを
取って下さい。

ハイ、ここまでは大丈夫ですね。

では、アポイントが取れたら何をするのでしょう?

 えっ、アポイントが取れたら会いに行けばいいんじゃない?

そう思った人は、まだまだ顧客開拓を正しく理解していませんね。

繰り返しになりますが、顧客開拓で一番難しいのはアポイントを
取ることです。

アポイントを取るためには、

 ・自分でやる方法
 ・他人の力を借りる方法
 ・ツールを活用する方法

の3つがありましたが、どの方法を採用したとしてもアポイントを
取るためには時間や労力やお金を使っているはずです。

そうやって、ようやく漕ぎ着けた商談なのですから、無駄にする
ことはできません。

商談を実りあるものにするためにも、事前の準備を入念にしておく
必要があります。

では、初回の面談にあたって、どのような準備をすれば良いので
しょうか?

<編集後記>

8月8日(月)に開催する

 研修・賃金コンサル提案のための『使える助成金活用講座』
 http://www.joseikin-adviser.com/kouza20160808.html

について、深石先生と最終の打合せをしました。

深石先生と共同で、教育体系と助成金をマッチングさせることが
できる、”秘密のチェックシート”を開発しました。

このシートを活用するこで、研修のプランニングやコーディネート
ができるようになります。

かなり画期的な講座に仕上がったと自負しております。

こちらは、いずれも7月31日(日)で終了します。

 ★顧客開拓完全マスター講座
  http://www.2step-sr.jp/article/kokyakukaitaku2016.html

 ★奥野式Youtube集客法(無料ビデオ公開中)
  http://www.2step-sr.jp/article/okunoyoutube.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加