■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.7.21
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

8月8日(月)に開催する助成金セミナーです。

 研修・賃金コンサル提案のための『使える助成金活用講座』
 http://www.joseikin-adviser.com/kouza20160808.html

会員になっていただきますと、受講料が半額になります。

 助成金受給環境整備アドバイザー協会 会員制度のご案内
 http://joseikin-adviser.com/membership.html

今回のセミナーは、中級~上級レベルの助成金活用方法をお伝え
する内容となっております。

成功報酬型の助成金ビジネスから脱却したい方には、ぜひお勧め
したいセミナーです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 商談をする前のマインドセット 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

このシリーズでは、商談の進め方についてお伝えをする予定
でしたが、このところ少し話がずれてしまっていましたね(笑)。

でも、商談をする前に持っておくべき以下のようなマインドセット
をお伝えしたと思って下さい。

 ・ビジネスというのは価値と価値の交換(対等な立場)
 ・顧客は追いかければ逃げて行く
 ・『買って下さい』ではなく『売って下さい』を目指す
 ・顧客が本当に求めているモノを知る
 ・顧客ニーズを実現させる手段として商品を提案する

スキルやテクニックを学ぶ前に、このような気持ちで商談に
臨むことが重要なのです。

一言でいえば、私たちの仕事というのは

 商品(サービス)を売り込むのではなく、
 顧客が抱える問題の解決策を提案する

ということです。

問題の解決策を提案するのですから、そもそもの『問題』が
わからなければ『提案』をすることはできません。

たとえば、就業規則の見直しを提案をする場合でも、それが
顧客のどのようなな問題解決につなるのかを説明できなければ、
契約を獲得することができないのです。

 『法律が変わりましたので就業規則の見直しをしましょう』

と提案しても、

 『だから何?』

と反論されてしまって撃沈するだけです(涙)。

だって、経営者は就業規則のことで悩んでいないのですから。

繰り返しになりますが、商談というのは

 ・相手の悩みを見つけること
 ・その悩みの解決策を提案すること

この2つが大きなポイントなのです。

<編集後記>

明日は、【社内検定導入コンサル講座】を神戸で開催します。
私が神戸でセミナーを開催するのは初めてのことです。

大阪に行くのは慣れていますが、神戸は勝手がわかりません。

いつもは大阪出張のついでに寄っていたので、東京から直接
行ったこともありません。

きっと新幹線の新神戸で下りればよいのだと思いますが・・・。
迷子にならないように、頑張ります。

セミナーにはこの人も参加予定です。

 奥野式Youtube集客法(無料ビデオ公開中)
 http://www.2step-sr.jp/article/okunoyoutube.html

 ★7月31日(日)までの期間限定公開です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加