■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.7.11
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

土曜日から大阪に来ています。
今回の出張は3泊4日なので、明日東京に戻ります。

今回の大阪出張のスケジュールは・・・。
詳しくは編集後記で。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 見込客と出会っても・・・  

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

これまで、顧客開拓の方法のうち、見込客と出会う方法について
お伝えしてきました。

 ・自分でやる方法
 ・他人の力を借りる方法
 ・ツールを活用する方法

どのような方法を選ぶにしても、顧客と出会うためには相応の
努力と時間の投資が必要になります。

 まずは見込客と出会うために全力を尽くしましょう。

しかし、当然ですが、見込客と出会えば必ず契約が獲得できるわけ
ではありません。

見込客と出会った後に、商談(提案)をして、それを相手が受け
入れてくれなければならないのです。

ですから、『商談の進め方』が大事になってくるわけです。

しかし、営業職を経験したことがある人でないと、この商談の
進め方についてきちんと教えてもらったことはないでしょう。

いや、営業職であったとしても、大手企業で仕事をしていたり、
ルートセールをやっていた人の場合には、新規顧客開拓をする
ための営業シナリオは作れないかもしれません。

ましてや、中小企業の、それもオーナー経営者と商談をする
ためのシナリオなんて、考えたこともないと思います。

一方、社労士の見込客というのは、ほとんどが10~20名の
小規模企業のオーナー経営者です。

では、あなたが見込客(中小企業経営者)と出会った場合、
契約を獲得するためにはどのように商談を進めれば良いので
しょうか?

本日からは、そんな話をして行きたいと思います。

せっかく時間とお金をかけて見込客と出会ったわけですから、
是が非でも契約を獲得したいですよね?

もしかしたら、

 『なんとしても契約を獲得しなければならない』

という状況に追い込まれている人もいるかもしれません。

しかし、このような焦りこそが、実はあなたが契約を獲得する
ことができない最大の原因になっているのです。

契約が獲得できない、売上があがらない、という人は、
心に余裕がなくなっています。

なので、どうしてもギラギラした感じになってしまうのです。

 買ってくれオーラが全開な状態です。

これでは、なかなか契約を獲得することはできません。

なぜなら、お客様というのは、追いかければ追いかけるほど、
逃げて行ってしまうものだからです。

<編集後記>

今回のスケジュールはこんな感じです。

 9日(土)パーソナル・マスメディア活用講座の開催
 10日(日)フォローアップ講座の開催
 11日(月)定例ミーティング → 講座開催の打合せ
 12日(火)フォローアップ講座の開催 

こうしてみると、講座に関連する仕事が多いですね。

毎月こんな感じで大阪に来ていますので、いっそのこと大阪に
事務所を借りた方がよいかもしれませんね(笑)。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加