■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.6.28
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

これまで1週間ほど社内検定導入コンサルの宣伝が続きましたが、
本日より通常のメルマガに戻ります。

6月22日(水)に『最新!使える助成金実務講座』を開催しました。

講師の深石先生より、最新情報を3時間にわたって講義をして
いただきました。

講座内容を約15分に編集したダイジェスト版のビデオを、以下の
サイト内で公開中です。

 平成28年度 最新!使える助成金実務講座ダイジェスト版
 http://joseikin-adviser.com/seminar-joseikin2016.html

また、先週金曜日には『企業概要ヒアリング講座』を開催。

経営理念や経営方針、事業計画などについて経営者にヒアリング
するプロセスを通じて、経営者と親密になる方法についてお伝え
しました。

といっても難しい話をするのではありません。

簡単な質問をするだけで、相手が勝手に話をしてくれるので、
それをきちんとメモして内容を整理するだけです。

しかも、質問内容はすべてテンプレート化されていますので、
用意されている質問を順番に読み上げるだけで、誰でも効果的な
ヒアリングができるようになっています。

講座といってもほとんどが演習でしたので、あっと言う間に1日が
終わったという感じでした。

参加された皆さんは、ご自身の事務所の経営理念や経営方針が
作成できて、大変満足されていた様子でした。

いやぁ~、楽しい講座でした。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ホームページ活用の5段階の復習

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

これまでの内容は覚えていますか?
忘れてしまったという人も多いでしょうね。

なので、ちょっと復習をしておきましょう。

顧客開拓3つの方法のうち、ツールを活用する方法について
お伝えしておりました。

ホームページの活用方法には、次の5段階があります。

 第1段階 事務所案内

 第2段階 情報の発信

 第3段階 問合せ待ち

 第4段階 見込客の獲得
 
 第5段階 商品の販売
 

現在、第3段階のところまで来ていましたね。

ホームページを顧客開拓型にするためには、コンセプトの絞り込み
が必要でした。

そして、サイトの訪問者が欲しがっている情報をピンポイントで
提供することで、反応率や再訪問率が高くなるのです。

問合せフォームを設置しておけば、問合せが入ることもあるかも
しれません。

しかし、それではまだ受身の状態です。

こちらから積極的に情報発信をするためには、訪問者を見込客に
変えていかなければなりません。

 えっ、訪問者と見込客は何か違うのかって?

次回はその話から始めましょう。

<編集後記>

7月9日(土)に大阪で開催するパーソナル・マスメディア活用講座
のシークレットゲストとして、

 社会保険労務士の奥野文夫先生

にご登壇いただきます。

奥野先生は、Youtubeを活用したマーケティングを実践している
ことで業界では非常に有名な方です。

私と一緒に社会保険料適正化ビジネスに取り組んでいただいて
おりますが、ネット集客においては一人勝ち状態です。

なんと、毎月100件以上の問合せが自動的に発生する仕組みを
構築されています。

なぜ奥野先生がそんなに集客ができるのかというと、その秘密は
Youtube動画の活用にあるのです。

どんな方法なのか気になりますよね?

そこで、今回は奥野先生のYoutubeマーケティングの秘密について、
特別に公開をしていただくことになりました。

これは必見ですよ。

奥野先生が同業者である社会保険労務士に貴重なノウハウを
公開する機会は、これが最後になるかもしれません。

 ◆パーソナル・マスメディア活用講座
  http://www.shahosaiteki.biz/personal-medeia.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加