■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.6.21
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

昨日より公開をさせていただきましたこちらのプロジェクトですが、
過去最高のスピードでご登録をいただいております。

 ◆助成金を活用した社内検定導入コンサルティング
  http://www.2step-sr.jp/article/kenteientry.html

皆さんの関心の高さが伺えます。

介護支援取組助成金の受給要件が突然厳しくなり、今後はもう
使えなくなってしまいます。

一方、キャリア形成促進助成金については、皆さん技能検定報奨金、
セルフキャリアドッグ、教育訓練休暇の計画届を出されるでしょう。

その時に、社内検定にもチェックを入れていただけば良いのです。

 『ご一緒にポテトもいかがですか?』

みたいな感じですね(笑)。

どのように社内検定の導入をすれば良いのかについては、上記ビデオ
で詳しく解説をしています。

まだ、日本でほとんどやっている人がいない、社内検定を活用した
新しいビジネスモデルです。

助成金や人事コンサルの仕事に直結しますので、社労士にとっても
非常に相性が良く、しかも驚くほど高付加価値なビジネス。

このチャンスをぜひ上手く活用して下さい。

皆さんの反応が素晴らしかったので、第2回目以降のビデオで
お伝えする内容を、こっそりと公開をしますね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 第2回ビデオでお伝えする内容

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第2回目のビデオでは、ズバリ社内検定の導入ステップについて
詳細に解説をしています。

このビデオをご覧いただくだけでも、社内検定をどのように導入
するのかというイメージができると思います。

 ◆萩原が社内検定導入コンサルができる秘密

 ◆社内検定導入7つのステップ

 ◆助成金を活用するためにやるべきこと

 ◆検定準備委員会で検討すべき項目

 ◆検定実行委員会でやるべきこと

 ◆社内検定を実施するために不可欠な2つのアイテム

 ◆検定問題の難易度を調整する方法

 ◆検定の透明性を高めるために公表すべき内容

 ◆社員のモチベーションをアップするための工夫

 ◆社労士にとっての検定ビジネスの魅力

 ◆検定ビジネスで高額な報酬が請求できる理由

上記の内容はご登録をいただいた方だけにお届けするものです。

なお、ご登録期間は6月27日(月)までのとなっておりますので、
今すぐご登録をお願いします。

 ◆助成金を活用した社内検定導入コンサルティング
  http://www.2step-sr.jp/article/kenteientry.html

<編集後記>

今週は社内検定ビジネスの情報をご提供させていただくため、
顧客開拓シリーズの記事は休刊とさせていただきます。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加