■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.6.2
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

昨日ご案内をさせていただいたビデオはご覧になりましたか?

 助成金ビジネスの新しい展開
 https://youtu.be/3nhkWoSoruk

このビデオでは、以下のようなビジネスの本質についてお伝えして
おります。

 ★ストック型ビジネスとフォロー型ビジネスの違い
 ★点から線、線から面へのビジネス戦略
 ★現場展開型モデルと経営サポート型モデル
 ★助成金を活用して経営者の相談相手(経営参謀)になる方法

ビデオをご覧になれば、なぜ私が

 『スポット型、成功報酬型の助成金ビジネスはやめるべきだ!』

と言っているのかを理解していただくことができるはずです。

そしてまた、助成金を入口にした次のビジネス展開を具体的に
イメージすることができると思います。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 セミナーのメリット その2

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

セミナー営業というのは、営業活動の一環としてセミナーを開催
するということです。

セミナーを開催する最初のメリットは、一度に大勢の人に働き
かけることができるので、非常に効率が良いということでした。

セミナーも個別商談もまったく同じであることが理解できれば、
もっと気軽にセミナーに取り組むことができると思います。

しかし、セミナー営業のメリットはこれだけではありません。

セミナー営業の2番目のメリットは、『先生と生徒の関係性』が
生まれることです。

 セミナーで話をする皆さんは先生。
 セミナーを受講する人は、たとえ社長であっても生徒。

このような関係性が自動的にできあがります。

私たちは学校教育を通じて、人前で話す人を『先生』として
認識するようになっています。

だから、セミナーに参加する方は皆さんを無意識のうちに

 『先生=偉い人』

と思い込んでしまいます。

だからどうした? と思った方もいるかもしれませんが、
これは非常に大きな効果があるのです。

どのような時にその効果が発揮されるかというと、セミナー後に
個別商談をする場面です。

こちらは営業(売込み)で訪問するわけなのですが、相手は
そのようには考えません。

 セミナーの先生が、わざわざ自分の会社に来て
 個別にレクチャーをしてくれている。

そのように受け止められるのです。

営業マンと先生では、圧倒的にポジションが違います。
どちらのポジションが成約率が高いかは、言うまでもありません。

<編集後記>

パーソナル・マスメディアコンサルタントとして最初の仕事を
やってきました。

『企画の神様』である高橋憲行先生のポッドキャストを
プロデュースさせていただいたのです。

高橋先生は、アサヒビールの再出発やミノルタα7000の
開発にあたり顧問として関与されるなど、新規事業やヒット商品
に多数関われた方です。

企業や官公庁へ30年以上にわたったコンサルティングを行い、
京都工大、近大などの講師も務められていらっしゃいます。

著書はなんと、114冊!

まさに『企画の神様』の呼び名にふさわしい方です。

高橋先生とのポッドキャストの予告編を近日中に公開しますので、
ぜひ楽しみにしていて
下さい。

かなり面白い展開になってきました。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加