■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.5.24
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

このセミナーはこれが最終のご案内です。

 助成金を活用した教育体系づくりを提案し
 社員の成長と会社の業績アップを実現する

 教育体系デザイナー養成講座 <残席わずか>
 http://joseikin-adviser.com/kouza20160527.html

助成金ビジネスをやっている人にお伝えしたいことがあります。

毎年毎年、スポット契約で助成金サービスを、しかも成功報酬型で
提案をしていて、大変じゃありませんか?

たしかに、短期的には儲かるかもしれませんが、そんなビジネス
モデルはいつまでも続けることはできません。

中長期的に、継続的に事務所を発展させることを考えるので
あれば、今すぐスポット型、成功報酬型の助成金サービスは
やめる必要があります。

そのための打開策をお伝えするのが、この講座です。

今回限りの開催です。
次回の開催予定はありません。

 教育体系デザイナー養成講座 <残席わずか>
 http://joseikin-adviser.com/kouza20160527.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 異業種交流会には怪しい人がいっぱい

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カネなし、コネなし、実績なしの新人社労士が顧客開拓をする
ためには、選択肢が限られます。

顧客開拓の方法というのは、結局のところ

 ・自分でやる
 ・他人の力を借りる
 ・ツールを活用する

という3つの方法しかありません。

お金がかからないという意味では、自分でやる方法が一番です。

自分でやる方法としては、飛び込み営業やセミナー営業があり
ますが、異業種交流会に参加するという方法もあります。

もちろん、こうした交流会には積極的に参加した方が良いとは
思いますが、注意すべき点があります。

それは、異業種交流会に集まってくる人といいのは、自社の商品
の営業目的で来る人が多いということです。

 生命保険・損害保険の営業
 健康食品・サプリメントの営業
 美容・エステ関連のビジネス
 からだに良い水

異業種交流会では、こういう商品を扱っている人たちと出会います。
 

あなたは、社会保険労務士として助成金のサービスや顧問契約を
販売したいと思っていても、他の参加者は自社の商品を売りたいと
思っているわけです。

お互いに売りたいと思っている同士が異業種交流会で出会っても、
良い結果が生まれることはありません。

だとしたら、ここは180度考え方を変えて、その人たちのビジネス
の支援をしてはいかがでしょう?

 生命保険や損害保険の顧客になりそうな人を紹介する。
 健康食品やサプリメントの販売促進に協力する。

相手の利益に貢献することを考えて行動すれば、いつかは自分の
ビジネスに役立つことがあると思います。

まずは相手に与えることを考えてみましょう。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加