■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.5.13
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

私の電子書籍第1弾が発売されました!

  日本一社労士を稼がせる社労士が教える
 『社労士開業1年目の教科書』
  ~最短距離で事務所経営を軌道に乗せるノウハウ&ドゥハウ
 

  アマゾンで購入できます
  http://tinyurl.com/zxhxaac

=============================

<ただいまご案内中のセミナーです>

 助成金を活用した教育体系づくりを提案し
 社員の成長と会社の業績アップを実現する
 教育体系デザイナー養成講座 <追加募集>
 http://joseikin-adviser.com/kouza20160527.html

 会員向けビデオ公開収録(5月27日)
 テーマ:キャリアアップ助成金
 http://www.joseikin-adviser.com/kouza-membership.html

 最新! 使える助成金実務講座(平成28年度)
 http://www.joseikin-adviser.com/seminar-joseikin2016.html

=============================

タイトルの通り、これから開業する人、開業したばかりの方を
対象とした書籍ですが、中堅・ベテランの方がお読みいただいても
参考になる内容です。

電子書籍で500円という値段ですので、ぜひご購入をいただければ
幸いです。

お知り合いにも勧めていただければ嬉しいです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 知り合いに紹介をお願いするには?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日は、カネし、コネなし、実績なしの新人社労士が見込客に
出会う方法として、友人・知人に紹介をお願いするということを
お伝えしました。

いわゆる紹介営業ってヤツですね。

まずは知り合いのリストを作成して、1人ずつ順番に面談をして、
紹介をお願いすれば、必ず見込客と出会うことができます。

愚直に地道にやり続ければ、1年後には10件位の顧問先ができて
いるはずです。

と、ここまでの話は頭では理解できると思います。

でも、実際にどうやれば良いのか? 

まだイメージができないという人も多いかもしれませんね。

実は、紹介営業のやり方には”あるコツ”があるのです。

たとえば、あなたの知人や友人と面談する場面を想像してみて
下さい。

まずはその人と会うために約束(アポイント)を取り付けなければ
なりません。

では、どのような理由で会ってもらいますか?

現実的には、こんなことから考えなければならないのです。

また、友人・知人もいくつかのタイプに分類されるでしょう。

・すごく親しい人(身内、親戚、親友など)
・まぁまぁ親しい人(学生時代の友人、全色の同僚など)
・少しご無沙汰している人(学生時代の友人など)
・名刺交換をしてお互いに顔と名前を知っている程度
 (仕事上で関係のあった人)

開業したばかりで、見込客がない状態であれば、これら全ての
人たちに会いに行く必要があります。

それぞれの人たちとどのように会ってもらい、どのような話を
して紹介のお願いをするのか?

こうしたシナリオを用意しなければなりません。

次回のメールでは、そのやり方について具体的にお伝えを
しましょう。

それでは、よい週末を。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加