■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.3.30
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

以下のビデオは、明日(3月31日)までの公開となります。

 平成28年度の助成金ビジネス戦略

 実践塾へのご参加はこちら
 http://joseikin-adviser.com/komonkakutoku201604.html

昨日、助成金プロジェクトのメンバーから届いた報告です。
===============================================================

本日、助成金について興味がある会社を紹介され訪問してきました。

内容は、飛び込みで来た会社(名刺上は、社会保険労務士事務所の
社員で、コンサルタント会社の部長)から、契約社員を社員に転換
して、社員を教育すれば、一人につき、108万円助成金が受給できる。
コンサルタント料と手続きで60万円いただくが、48万円残りますよ。

研修も、すでにあるラインアップから、該当しそうな研修を受講
させればと言われたそうです。

そこまでは、よくあると思ったのですが、3年前ぐらいまでだったら
遡って、雇用契約書を作って、受給できるようにしますよ、と営業を
していたようです。

社長としては、そんなことができるの?という感じでした。
今時、そんなことができるのでしょうか?

社長としては、自社の状況に応じて、教育をしていきたいという
ことでの面談でした。

契約書もない、出勤簿もない状態でしたので、その辺りから整備
しましょうか?

就業規則の見直し、契約書の作成(15名分)で35万円と提案したら、
高いと言われました。

===============================================================

まだ、こんな奴らがいるんですね!

これは不正受給を指南しているといっても過言ではありません。
しかも、堂々と社労士事務所の名刺を使って提案しているなんて・・・。、

不正を指南して、コンサルティング料という名目で50%以上の報酬を
請求しているのです。

 あり得ませんね。

私たちは、このような”悪徳業者”を排除しようと考えています。

こんな奴らがいるから、私たちの正しい提案が高いなんて言われて
しまうのです。

このような”悪しき習慣”は、今すぐ止めなければなりません。

社労士業界全体として、助成金ビジネスのあり方を根本的に変えて
いかなければならないと思っています。

しかし、この状況を変えるのは簡単なことではありません。

だから、もっともっと多くの仲間が必要なのです。
ぜひぜひ、皆さんのご協力をいただきたいのです。

べつに講座を受講していただく必要はありません。
会員制度にご加入をいただかなくても結構です。

ただ、私たち一人ひとりが社労士としての自覚と責任感を持って、
”正しい助成金の活用方法”を世の中に提案をして行けば良い
ことなのです。

正義の助成金プロジェクトを展開中!

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加