■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.3.25
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

昨日公開したビデオはご覧になりましたか?

 平成28年度の助成金ビジネス戦略

3月31日までの限定公開となりますので、今すぐご確認下さい。

お時間がない方は、以下の内容だけでもチェックしてみて
下さい。

 ★36分55秒~  助成金顧問獲得実践塾のご案内

 ★55分54秒~  助成金顧問獲得実践塾の活動方針

かなり実践的な内容であることがご理解いただけると思います。

 実践塾へのご参加はこちら
 http://joseikin-adviser.com/komonkakutoku201604.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 知識やノウハウよりも大事なこと

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

社労士として成功するためには知識やノウハウが必要だと思って
いる人は多いと思います。

もちろん、ある程度の知識やノウハウがなければ、顧客に価値を
提供できないのは言うまでもありません。

しかし、知識やノウハウさえあれば成功できるかと言えば、
そうではありません。

私はこれまで、多くの社労士の方々に知識やノウハウを提供して
きましたが、次々と成果を出す人がいる一方で、残念ながら成果
を出せない人がいるのも事実です。

 では、両者の違いはいったい何でしょう?

決定的な違いは、学んだことを『実践』するかどうかです。

結果を出している人は、行動をしている人です。
結果が出ていない人は、行動をしていない人です。

どんなに強力なノウハウを手に入れたとしても、それを使わなければ
成果がでないのは当たり前です。

良く言われることですが、

 『知る』『わかる』(学ぶ)段階と

 それを『行う』(実践)段階

 さらには『できる』(成果を出す)段階

には大きな隔たりがあるのです。

しかし、行動をしているのに成果が出ないという人もいます。
学んだことを実践をしているのに、成果がでないのはなぜでしょう?

ここで大事なことは、『素直な心』だと思います。

『素直な心』とは、別の言い方をすれば、教えてもらったことを
そのまま実践する、ということです。

成果を出す方は、学んだことをそのまま実践します。
成果が出ない人というのは、自己流にアレンジしてしまいます。

なぜ、自己流にアレンジしてしまうのでしょうか?

たぶん、『自分はこう思う』という強い気持ちが捨てられない
のだと思います。

あるいは、講師やノウハウに対して100%の信頼を置いていない
ということかもしれません。

でも、これってよく考えるとおかしな話だと思いません?

だって、これまで自己流でやっていて上手く行かなかったから
講座に参加しているはずだからです。

私の講座に限らず、ノウハウ系の講座というのは、実際に成果
が出る方法をある程度体系化して教えてくれているのですから、
そこにわざわざ自己流を追加する必要はありません。

言われたことをそのまま実践すれば必ず成果が出るにも拘わらず、
わざわざ上手く行かない方法にアレンジしているようなものです。

高い受講料を支払って学びに来ているというのに、これは本当に
もったいないことだと思うのです。

ものごとを学ぶには、『守』『破』『離』というステップが
あります。

まずは教えてもらったことをそのまま実行する(『守』の段階)

それができるようになったら、少しだけ自分流に改善してみる
(『破』の段階)

最後は師匠を離れ自分流を確立する(『離』の段階)

このステップを経ることなく、いきなり自分流でやろうと
思っても、うまく行くことはありません。

ノウハウを正しく身につけるためには、『素直な心』が大事
です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加