■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.2.27
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

正義の助成金プロジェクト<無料>Webセミナーの登録は、
2月28日(日)までとなっております。

いよいよ明日で受付終了です。

まだ、ご登録がお済でない方は今すぐお手続きをお願い致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 【2月29日(月)20:00開催】

 低単価・スポット契約・下請仕事の助成金ビジネスから抜け出し
 助成金顧問サービスで継続的・安定的な売上を確保する方法

 ~正義の助成金プロジェクト<無料>Web説明会~

 http://www.2step-sr.jp/article/jyoseikinpro2016PR.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<対象>
・これから開業する人
・開業して1年未満の人
・顧客開拓に苦労をしている人
・助成金が単発仕事で終わってしまい顧問契約につながらない人
・研修会社や保険営業マンからの下請仕事から脱出したい人

セミナーの内容の一部を公開すると・・・

□なぜ、あなたの助成金ビジネスはうまく行かないのか?
□助成金ビジネス”3つの落とし穴”
□成功報酬ビジネスの問題点
□助成金を活用してホームページが無料で作成できる?
□助成金ビジネスの本質を理解する
□助成金顧問という新しいサービス
□正義の助成金プロジェクトのご案内

==============================
日時: 2016年2月29日(月)20:00~
場所:  Web上(ネット接続環境があればどこでも視聴可能)
費用: 無料
==============================

今さらですが、助成金というのは社労士にとって非常に重要な
顧客開拓ツールです。

とくに、開業したばかりの新人社労士は助成金を扱わなければ
新規の顧客開拓をすることは難しいでしょう。

一方、開業して3~5年が経ち、顧客が増えて事務所経営が安定
してきた中堅社労士にとって、助成金は面倒な仕事になって
しまうようです。

顧問先から依頼されて、仕方なく手続をしている方も多いみたい
ですね。

しかし、不思議なもので大手の社労士事務所になると、今度は
また助成金ビジネスに力を入れるようになります。

このように、助成金のサービスを積極的に展開しているのは
新人か大手事務所という、いわゆる2極化現象が起きているのです。

ということは、助成金サービスを行わないということは、新人
からも大手事務所からも顧客を奪われてしまうというリスクが
あるということになります。

しかも、社労士であれば助成金ができるのが当然、という世間の
認識があります。

ですから、助成金サービスを提供できない、というのは社労士
事務所としては非常にまずい状態になってしまうのです。

 では、どうすれば良いのか?

そこで、助成金顧問という新しいサービスをご提案します。

あなたの事務所のメニューに『助成金顧問』というサービスを
追加して下さい。

そうすることで、顧客が流出するリスクを回避することができる
でしょう。

詳しい内容については、以下のWebセミナーでお伝えします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 【2月29日(月)20:00開催】

 低単価・スポット契約・下請仕事の助成金ビジネスから抜け出し
 助成金顧問サービスで継続的・安定的な売上を確保する方法

 ~正義の助成金プロジェクト<無料>Web説明会~

 http://www.2step-sr.jp/article/jyoseikinpro2016PR.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料とはいえ、有料レベルの濃~い情報をご提供させていただき
ますので、ぜひご期待下さい。

できれば、お知り合いの方にもご紹介をいただければ幸いです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加