■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.2.22
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。

助成金ビジネスを根本から見直す。
これが今回のプロジェクトのテーマです。

たとえば、助成金サービスを完全成功報酬で受託している問題。

 『助成金が受給できなければ報酬は一切いただきません!』

という営業スタイルです。

もちろん、成功報酬という契約形態そのものを否定するものでは
ありませんが、完全成功報酬というのはどうなのでしょう?

実際に、この営業スタイルが現場では問題を引き起こしています。

それは、次のようなケースです。

計画書を提出し、施策の実施も完了して、いざ支給申請をしよう
と思ったら、顧客の添付書類に不備があったというケース。

つまり、クライアントが賃金台帳や出勤簿、労働者名簿、労働条件
通知書といった必要書類を出してくれない場合。

というか、労務管理が適正に行われていないので、そもそも書類が
整っていない。

提出してくれたとしても、労働時間管理や残業代の支給がきちんと
行われていない。

このままの状態だと、申請をしても通らない。

だから、支給申請を断ってしまう。

社労士としては、

 『助成金が受給できないのだから報酬はいただきません』

といって済まそうとする。

しかし、クライアントとしては助成金がもらえるものと思って期待を
していたので、怒りが爆発してしまう。

 
 『話が違うじゃないか!』
 『あんたも専門家なんだから何とかしろ!』

そして最悪の場合、書類の改ざんをして申請手続をさせられてしまう。
(こうして不正受給に関与することになってしまうのでしょう)

簡単にいうと、このようなトラブルです。 

これは助成金ビジネス初心者である新人社労士に多いパターンですね。

私は、こうしたトラブルの原因は、完全成功報酬という契約形態にある
と考えています。

『完全成功報酬』という言葉の響きが、気軽な印象を与えてしまうため、
お互いがサービス内容や責任範囲を明確にしないまま安易に契約をして
しまうのです。

その結果、お互いに責任をなすりつけ合うことになってしまいます。

前述のように不正受給の手伝いをさせられないまでも、クライアントから
クレームを受けると精神的にも凹みますし、支給申請ができなければ
結局タダ働きをしたことになってしまいます。

この問題を解決する方法は簡単です。
それは、完全成功報酬という安易な契約形態をやめることです。

つまり、成功報酬とは別に、計画書の作成等に関する手続報酬についても
きちんと報酬を請求するようにすることです。

以下の無料Webセミナーでは、現状の助成金ビジネスの問題点について、
もっと掘り下げて考えてみたいと思っています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 【2月29日(月)20:00開催】

 低単価・スポット契約・下請仕事の助成金ビジネスから抜け出し
 助成金顧問サービスで継続的・安定的な売上を確保する方法

 ~正義の助成金プロジェクト<無料>Web説明会~

 http://www.2step-sr.jp/article/jyoseikinpro2016PR.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<対象>
・これから開業する人
・開業して1年未満の人
・顧客開拓に苦労をしている人
・助成金が単発仕事で終わってしまい顧問契約につながらない人
・研修会社や保険営業マンからの下請仕事から脱出したい人

セミナーの内容の一部を公開すると・・・

□なぜ、あなたの助成金ビジネスはうまく行かないのか?
□助成金ビジネス”3つの落とし穴”
□成功報酬ビジネスの問題点
□助成金を活用してホームページが無料で作成できる?
□助成金ビジネスの本質を理解する
□助成金顧問という新しいサービス
□正義の助成金プロジェクトのご案内

==============================
日時: 2016年2月29日(月)20:00~
場所:  Web上(ネット接続環境があればどこでも視聴可能)
費用: 無料
==============================

なお、本セミナーにご参加いただくためには事前登録が必要と
なります。

 無料Webセミナーへのご登録はこちら
 http://www.2step-sr.jp/article/jyoseikinpro2016PR.html

無料とはいえ、有料レベルの濃~い情報をご提供させていただき
ますので、ぜひご期待下さい。

できれば、お知り合いの方にもご紹介をいただければ幸いです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加