■────────────────────────────■
 他人より年商10倍『稼げる』社労士になる方法
  著者のメルマガ             発行2016.2.14
■────────────────────────────■

こんにちは、萩原です。
本日はバレンタインデー、しかも日曜日ですね。

そんなロマンチックな日にもかかわらず、今日も硬派に(?)
社労士ビジネスに関する情報提供をさせていただきます。

ただいま、”賃金顧問”という新しいサービスを普及させるために
Webセミナーのご案内をさせていただいております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

”賃金顧問” という新しいサービスを提供して
  月額顧問料を3万円アップするための

 賃金コンサルティング実践<無料>Webセミナー
   ~賃金データを活用して顧客指導をする方法~

 http://www.2step-sr.jp/article/payrole3.0.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

賃金コンサルティングと人事コンサルティングを混同している人
もいるかもしれませんので、両者の違いについて解説をしておき
ましょう。

賃金コンサルというのは、広い意味の人事コンサルに含まれます。
こんなイメージですね。

  賃金コンサル < 人事コンサル

人事コンサルには、評価制度や教育などが含まれますが、
賃金コンサルは基本的には『給与や賞与の決め方』に限定した
サービスになります。

もちろん、給与や賞与を決める際には評価が必要になりますが、
初期の段階では簡易な評価制度で運用します。

評価制度を本気で設計するとなると、職務分析や等級制度の設計
をしなければなりませんので、時間と費用がかかってしまいます。

私が考えている賃金コンサルは、簡易な方法で給与や賞与を決定
する仕組みを導入するところまでを言います。

多くの中小企業では、現状が何もない状況ですので、簡単な仕組み
を導入するだけでも、十分に効果が得られます。

もちろん、次のステップでは本格的な評価制度の導入を提案する
ことも可能です。

今のところ、こうしたサービスを提供するのは人事コンサルタント
なのですが、彼らに頼むと100万円単位の費用が必要になってしまう
のです。

これは中小企業にはなかなか手が出ない金額です。

そこで、この隙間を埋めるのが”賃金顧問”というサービスに
なります。

賃金顧問に関する詳しい情報を知りたい方は、Webセミナーに
ご参加下さい。

==============================
日時: 2016年2月17日(水)20:00~
場所:  Web上(ネット接続環境があればどこでも視聴可能)
費用: 無料
==============================

<対象>
・高額顧問契約を獲得したい人
・顧問料の単価を月額3万円アップしたい人
・社労士として新しいサービスを提供したい人
・社長の相談相手としてアドバイザーポジションを取りたい人
・コンサルティングビジネスで成果を出したい人

セミナーの内容の一部を公開すると・・・

□賃金コンサルティングビジネスとは?
□これまでの賃金コンサルビジネスの問題点
□社労士だからそこできる賃金顧問サービス
□手つかずのブルーオーシャン戦略とは?
□萩原式賃金コンサルティングの特徴
□顧問として提供するサービス
□年間スケジュールの立て方

なお、本セミナーにご参加いただくためには事前登録が必要と
なります。

 無料Webセミナーへのご登録はこちら
 http://www.2step-sr.jp/article/payrole3.0.html

無料とはいえ、有料レベルの濃~い情報をご提供させていただき
ますので、ぜひご期待下さい。

できれば、お知り合いの方にもご紹介をいただければ幸いです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加